個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
セレンディピティ  Serendipity
主演はジョン・キューザックとケイト・ベッキンセール。

ジョン・キューザックとジェレミー・ピヴェンは確か8歳の頃に知り合い、
今は一緒に制作会社をやっています。
そして「ポイントブランク」「セイ・エニシング」などで共演もしています。
もちろん主演はジョンです(^_^;)

これはねぇ、出来すぎなストーリーです。

知り合い惹かれあったが「その時ではない」と互いに恋人の元へ帰る。
しかし結婚直前にどうしても逢いたくなり、ドタバタドタバタ。

ラストシーンで冷めたなぁ。。。それまでも熱中していたわけじゃないけど。
多分作った側もラストを隠そうと思ってないんだろうなぁ。
少女マンガのようなラスト。

思い出のスケートリンクが観えた時点で「あぁ・・・そうゆうことね」と分かってしまう。
普通冬にジャケット忘れて帰らないだろ。
それにどう考えてもあの距離で手袋投げても届かないぞ。重りでも入っていない限り。


スプラッシュ(トム・ハンクス主演)に出ていたユージン・レヴィという俳優さんが
いい味出してます。
ディーン(ジェレミー)と倉庫で探し物をするシーンでは会話のテンポがよく、
また二人の動きもコミカルで楽しかった♪



Search! by amazon
ジョン・キューザック    ケイト・ベッキンセール
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/14-ce16e94d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。