個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
里見八犬伝
里見八犬伝

監督:深作欣二
脚本:鎌田敏夫
出演:真田広之薬師丸ひろ子千葉真一志穂美悦子京本政樹

先日「里見八犬伝は真田広之!」と記事に書き、
どうしても観たくなって借りた。

いいよっ!すっげぇいいよっ!!!

今観たらガッカリするかな・・・と不安を抱えつつ観たのですが、
かなり面白い。
もちろんセットはショボいし、特撮も「は・は・は」と
乾いた笑いが出てしまいそうになるが、それでも面白かった。

薬師丸ひろ子のいちいち肩を動かす演技をウザいと感じたが、
それ以外の役者さんの魅力ですべてカバーされている。

何より真田さんのアクションに見入ってしまった。
キレがあって最高にかっこいい。
今までいろんなアクションを観たけど、この映画での真田さんの
アクションは今観てもカッコいい!
それと声ね。アクションの最中に「はぁっ!!!」とか言うでしょ。
あの声がいい。迫力がある。気合?
「ラストサムライ」の時もトムよりもカッコよかった。

以下、かなり長くなってしまいそうなので追記へ・・・
今更ながらにハマってしまったので、かなり長いよ。
覚悟が出来たらどうぞ↓
毛野(志穂美)と信乃(京本)
毛野の舞、歌と演奏(?)があってない気がするが、気のせいか?
ついでに京本政樹の鼓も音に合ってない
舞は扇子から始まり、なぜか新体操のリボンに変わっていた。なぜ?
ここで登場する萩原流行演じる妖之介の衣装と化粧は
ある意味すばらしい。
妖之介に言い寄られる毛野のお嬢ぶりがちと違和感。

京本政樹の信乃をタッキー。これかなりイケると思う。
血の繋がりのない妹から好きと言われ、戸惑っていると叔父が
2人で駆け落ちするつもりだったのだと勘違いし、
もみ合っているうちに妹が死んでしまう。
そのショックで周りにいた人たちを斬っていく。
っていう場面があってタッキーを想像しながら見たのですが、似合う。
かなりいい。タッキーVer.を観たくなってきた。
このときの京本政樹、まさに「美男子」
化粧がまだ似合う。エラも張ってないし。

光の玉が放つ光をあびて崩れた体を再生する為に
玉梓は城にある血の風呂(?)へ。
この時、夏木マリが血の風呂から上がってくるシーンは
強烈に印象に残っていました。
あのパーフェクトな後姿。今観ても惚れ惚れします。

その後いろいろあって洞窟で原住民(?)に襲われそうになった時に
いきなり笛吹いたりする強引な手を使い、全員集合となりました。

この時、親兵衛はお払い箱となるわけですが、
道節に「これ以上付きまとうと斬る」と言われても、
姫に「お別れです」と言われても、身を案じ遠くからついていく。
しかし大角と毛野は追い払う為に親兵衛に銃を向ける。
谷に落ち助かったものの姫に裏切られたと思いもらった笛を一度は投げ捨てる。
しかし想いを断ち切れずに笛をまた手に取る。
くぅぅぅっ!!!やるね。真田っ!(呼び捨てスマン)

邦画のラブシーンで一度も「いいなぁ・・・」と思ったことがないけど、
この映画のラブシーンは初めてそう思った。
薬師丸ひろこの表情だけを撮ってるだけだし、
真田さんはほとんど口元しか写らないんだけど、すごくいいの。
きれいなの。
薬師丸ひろこの表情がいいんだろうな。
決して唇は動かさない。ちゅぅされても動かさない。
なにがあっても半開きのまま(アイドルだから?)。
でもね、大げさだけど真田さんの温もりとか伝わってくる感じ。
こんな風に真田さんにしてもらったら死ぬね。感動して。
そしてこのシーンで発見!真田さん、実は好みの手かもしれない・・・。
やべぇ。いや、元から好きだけど、やべぇ。

こっから先はちょっと悲しい戦いになるってことを思い出した。
みな自分の宿命と向き合い戦うことになる。

仲間が死に、一人残った親兵衛は静姫を助ける為に
虫のように湧いてくる敵兵相手にすさまじい戦いを繰り広げる。
このアクションシーンはすごいっ。
「JAC:真田広之」をタップリとこれでもかと堪能しました。

ラスト。
静姫に「城へは戻らぬ。お前とどこででも生きる」と言われ
戸惑う親兵衛に亡き者たちが語りかける。
なんてクサいんだっ!と思いつつウルってしまう自分。
そして馬に乗り走る。
「親兵衛ぇ!」と呼ばれ手を差し出す時の手の形が
何とも言えずいいっ!!!すっげぇキレイ。もうたまらんっ!!!


あぁ・・・かなりのバカっぷりを晒してしまった気がする。

人気blogランキング
ブログランキングネット
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/168-3da16817
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。