個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
マッスルモンク Running on Karma





出演:アンディ・ラウセシリア・チャン

「オレの筋肉すごい?!すごいっしょ?!イェイェ~イ!」って言う
オバカ映画と思ってたら、意外や意外、ちょい真面目で面白かった。

アンディ演じるビッグガイは元僧。
人の業が見え、その業からその人の死因が分かってしまうという。

アンディの着ぐるみ姿を最初に見たときは「ぷっ♪」っと
思いましたが、映画の中ではそんなに違和感がないわ。
普通に見える。
ただ裸になると粗探しをしてしまう自分が要るけど。
それで見つけた着ぐるみの欠点。
お尻が動かない。
揺れるけど、左右別々に動かない。分かる?ま、いいや。

映画は中盤まで軽い感じで進んでいきます。
深いことを考えず気軽に観られる。

しかし後半リー(セシリア)がビッグガイのためにと
逃亡犯を探しに山へ入ってから宗教色が濃くなります。

彼女は死なないと思ったんだけどなぁ。残念。

彼女の死体を見つけ、山奥で自分の分身と出会ってからよく分からん。

悔い改めなくてはいけないと思い、山に入り逃亡犯を探し続け、
「一緒に帰ろう」と抱きしめる。
抱きしめるのは行きすぎだったような気がするなぁ。
5年間と言う月日はそこまで許せるようになるものなのか?
それとも分身と一緒に座禅を組み、分身が消えたときに
怒りや復讐心を乗り越えたと言うことか?

あり?彼女を殺したのはダレだ?逃亡犯だよね?
ビッグガイに泣いて抱きつくような男が人を見つけて殺すか?
それとも本当にビッグガイの分身が殺したのか?



人気blogランキング
ブログランキングネット
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/192-e8900a56
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。