個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera
オペラ座の怪人 通常版

監督:ジョエル・シュマッカー

出演:ジェラルド・バトラーエミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミニー・ドライヴァーほか

シャンデリアに電気が入り、天井に吊るされる。
同時に画面がモノクロからカラーに変わっていく。
シャンデリアが真っ白に輝いてすごくキレイ。
それ以外にも埃が吹き飛んでグレーから鮮やかな色に変わっていく。
このシーンだけは映画館で観たかったなぁ。

この映画ってミュージカルだったんだ・・・知らなかった。
いや「オペラ座の怪人」っていうのは名前だけ知っていたけど、
映画でもミュージカルするとは思ってなかったから。。。
どうも苦手なんだよなぁ。
と、思いつつ見たのですが、やっぱりダメでした(^_^;)

ミニー・ドライヴァー、本当に歌ってんの?
その前に「笑い」の為に彼女は存在しているのか?
化粧も衣装もドラッグクィーン状態。

ファントムの隠れ家(?)に行く所、笑っちまいました。
まず洞窟(?)の蜀台、人間の腕って丸分かりだし、
ものすごい短距離をわざわざ馬乗ってる。
そんぐらい歩けよ。
それに池の中から出てきたライト、グラグラ揺れてるんだもん。
ピューって水出してるし。
ファントムの歌も「Sing! My angel! Sing for me!」って・・・。

隠れ家に入ってからが長い長い。
延々とファントムの歌を聴かされます。
終わるか・・・と、思ったらまた始まる。終わりはまだかい。
歌わないでくれ、喋ってくれ。

うわっ何だあのベッドはっ!ハトか?
ラブホのベッドみたいじゃんか!
どうでもいいけど、ファントムは毎回こうやって帰るのかねぇ。
ちょい虚しいな。

クリスティーヌのどっちつかずな態度にイラつくわけよ。
まぁそれが主題でもあるみたいだけどさ。

この女はひどいぞ。
クリスティーナとラウルが行ってしまい、一人残されるファントム。
打ちひしがれるファントムの元にクリスが戻ってきた!
と、思いきや、なんと指輪を返しに来ただけ。
そんなもの捨てておけっつの。
わざわざ傷口に塩を塗りに来るなって!


公式サイト

こんなものも…
「オペラ座の怪人」の字幕 珍訳集

   ブログランキングネット
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/349-c2bdadf6
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。