個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
ドラマ「白夜行」と小説「白夜行」
最近映画観てないなぁ・・・って言うか見る暇がない。
昔観た映画の感想でも書こうかと思ったけど、

忘れちった ヘ(゜Д、゜)ノ

なので、珍しく見ているテレビドラマ「白夜行」の話でも。

これは原作を読んでいたし、山田孝之くんが好きなので見始めたの。

原作はすごく面白かった!!!
亮司と雪穂の会話や接触は一切描かれていないの。
周りにいる亮司の仲間であるとか、雪穂の友達の目線で
話が進んでいく。
それがまた全部キッチリつながって(当たり前だけど)、
すごいのよ。

初回での山田くんの演技には引き込まれましたよ。
血みどろになって瀕死の状態で雪穂(綾瀬)を探しているときの
亮司(山田)の表情と言うか目がすごかった。

ココから先は激しくネタバレしております。


ドラマ「白夜行」 公式サイト
山田くんの演技には引き込まれたんだけど、
設定として「強い雪穂・従う亮司」と言うキャラクターに
どうしても納得できない。

まずラストシーンからして気に入らない。
ラストシーン=ドラマのファーストシーンだけどさ。
設定としては原作と同じ。
笹垣刑事に追われ、高いところから落ちて持っていたハサミが
刺さり死亡。それはいい。

しかし「りょう」と言って雪穂が駆け寄ろうとしたり、
亮司が雪穂を見つめたりとしたのはいただけない!
この2人は『他人』なのだから。
原作では倒れている亮司を見つめ「知らない人です」と
雪穂は答える。
それくらい亮司と幸穂は徹底して『他人』なのだ。
危ない道を走り続けた2人だ。きっと「何があっても他人」と言う
約束と言うか暗黙の了解のようなものがあったはず。
万が一亮司が捕まったり、死んでしまったとしても、
雪穂はその約束を貫き続けるはずだ。

セカチューの純愛から全く逆の純愛を描きたいのかもしれませんが、
私は原作を読んで「純愛」とは感じなかった。
確かに亮司は雪穂に対して愛があったかもしれない。
でも雪穂はどうだっただろうか?いつも頭にあるのは敵を陥れること、
自分が豊かになること。つまりお金。
亮司はその為の道具でしかなかったように感じた。
もちろん多少の感情はあったと思う。
でもそれは男女間の恋愛感情というよりも仲間とか戦友に対する
愛情だったように思う。
そして亮司はそれを受け入れる強さがあったのではないか。
雪穂の望みをどんなことをしてでも実現させるたくましさ、
したたかさ、頭脳があったのではないか。

光を持たない瞳を持ち、一切の感情をなくしたような亮司の態度。
何事も冷静に分析し、対処する頭脳の持ち主。

母を殺し、どんな手を使ってでも生き抜こうとする
たくましく、そして醜い雪穂。

ドラマではそんな2人は出てこない。
雪穂は多少イメージが近いかもしれないけど、亮司は全くダメ。
雪穂を受け止める、受け入れる強さや広さがない。
いつもオドオドとし、雪穂に言われるままに行動しているよう。
強さが見られない。

本当の亮司と雪穂はこんな風だったんだよ、
本当はつらかったんだよ、悪いことばかりしている2人だけど、
本当はとても人間味あふれるあったかい人間なんだよと
言いたいのかもしれません。
原作を読んでプロデューサーや脚本の方はそのように感じたのかも
しれませんが、あえてそれを出さないのが面白いのでは?
2人の心情が分からないからこの小説は面白いのでは?

実を言うと先週くらいから見るのがつらくなってきた。
物語が重いからと言うわけではなく、原作とあまりにも違いすぎる
ドラマに失望し続けているから。
説明文のような台詞も聞いていていらいらしてくる時がある。

山田くんが好きなのにこんなことを言うのはおかしいと
思われるかもしれませんが、言わせていただきます。
亮司=山田孝之
雪穂=綾瀬はるか
このキャスティングは無理があると思う。
原作とは違いドラマでは20代前半で終わるので、
年齢設定としては間違っていないけど。

正直言って綾瀬さんは演技がウマいとは思えないんだわ。
かわいらしい女の子を演じたらきっとハマるとは思うんだけど、
雪穂をやるには軽すぎる。

一方亮司の山田くん。これは山田くんに違和感を感じるのではなくて、
亮司の設定自体に問題があるから、どうしようもない(-_-;)
もっと強い亮司の設定で山田くんに演じてもらいたい。

どうやら今週・来週辺りは物語の分岐点とも言える
ストーリーらしいので、今後の展開によっては
強くたくましい亮司が見られるかもしれない。
それだけに期待。


   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/374-b490629b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。