個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
スパイ・バウンド 
スパイ・バウンド

監督:フレデリック・シェンデルフェール

出演:ヴァンサン・カッセルモニカ・ベルッチ

え~観終わった感想。

で???

以上ッ!!!

ってそれじゃだめか。

実在の女スパイドミニク・プリウールという人の話を元に
作られた話だそうです。

スパイの生活を覗き見していると言うか、
ただ生活の一部を切り取って見せられただけの話。

話がいきなり始まり、いきなり終わる。

説明がなくても映像で分かるようなものならいいけど、
映像でもさっぱり分からない。繋がらない。

ヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチが夫婦だって、
DVD特典のインタビューで初めて知ったよ。
最後の「日本のファンへ」って言うメッセージ。
ヴァンサン、ヤケクソ気味に感じます。

   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/384-5b0e98bb
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。