個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
ロード・オブ・ウォー LORD OF WAR
ロード・オブ・ウォー ロード・オブ・ウォー
ニコラス・ケイジ (2006/06/09)
日活

この商品の詳細を見る


監督:アンドリュー・ニコル

出演:ニコラス・ケイジイーサン・ホークジャレッド・レトブリジット・モイナハンイアン・ホルムほか

リベリア大統領を演じたイーモン・ウォーカー、
その息子を演じたSammi Rotibi(読み方分かりません)は
ティアーズ・オブ・ザ・サン」でも共演してますね。

冒頭の弾のCG。胸クソ悪い。

武器商人、ユーリー・オルノフ。
彼が売った銃で誰が傷ついている。
彼が銃を売ることで家族が傷ついている。
だけど彼は売ることをやめない。

素人から武器商人になるまでが端折られてるけど、
あんまりダラダラと説明されても飽きるだけだし、
テンポよく進んでいくから気にならない。

なんとなく最初から彼に感情移入は出来なかった。
それよりも周りの家族の苦悩を考えてしまった。

ただ救いと言っては大げさだけど、ユーリーのスタンスが
この映画を少し軽くしているかも。
本当に銃を「商品」として扱っているし、銃を愛しているわけでも
ないってところ。
良くも悪くもビジネスに徹している。

私には戦争というものが別世界というか「別宇宙」くらいの
感覚なので、この映画で描かれることがよく分からなかった。
傍観者。だな。

奥さんの態度にはちょっとなぁ…。
自分の生活が危険にさらされなければいいって言う感じがして。
最初は物分りのいい女なのかと思ったけど。
服が着られない、車も乗れないと言うのであれば、スッポンポンで
出て行くくらいの根性が欲しかったね。

弟ヴィタリーはユーリーのように無関心ではいられなかった。
だから麻薬に溺れ、最後には…。
ヴィタリーは家族の苦しみと銃が殺しの道具であることを
確実に伝えた。



☆公式サイト


   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/473-46920d68
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。