個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
秘密のかけら Where The Truth Lies
秘密のかけら 秘密のかけら
ケビン・ベーコン (2006/12/22)
松竹

この商品の詳細を見る


監督:アトム・エゴヤン


出演:ケビン・ベーコンコリン・ファースアリソン・ローマンレイチェル・ブランチャードデヴィッド・ヘイマンほか

コリン・ファースですよ。
しかもエロティックサスペンスなもんですよ。
見ねばっ!!!と思ったのですが、肩透かしくらいました。
いや、エロくないって言う意味じゃなく、内容にガックリでした。

服を着ていてもコリンはセクシーだからいいんです。

アリソン・ローマンさんがだめだったのよ。
子供が無理して大人の服を着ているような印象。
だから何しても「子供」にしか見えないのよ。
これってかなりの減点。

最後に子供の服を着るんだけど、この服が着られる女優が
彼女だったんじゃないかと思ってしまった。

まるで推理小説家のようにガンガン謎解きしていく。
いったいどこからそんなことを考え付いたの?と思うくらい。
おかげでサスペンスの一番楽しい部分であるはずの
謎解きがものすごく淡々と過ぎ去ってしまった。


☆公式ページ

   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/503-8d350986
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。