個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) 間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
佐々木蔵之介 (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


監督:森田芳光

出演:佐々木蔵之助塚地武雅常盤貴子沢尻エリカ北川景子中島みゆきほか

間宮兄弟はオタクでもないし、ものすごく変わった性格でもないし、
ただただ普通の人。
ちょっとズレたところもあるけど、きちんと社会生活して、
きちんと世間にまみれてる。

それなのに世間に汚れることなく、自分たちの世界を保ち続けてる。
2人で楽しみを見つけ、真剣に楽しむ。
たとえそれが世間から見たら子供っぽいことであったりしても
自分たちが楽しくて満足できればそれで幸せ。

こんな風に世の中に惑わされず、自分の幸せを見つけて
楽しんでいける人はいいなと思う。

特に山も谷もなく、ほんわかとなだらかに終わったなぁ。
まぁ別にいいんだけど。

中島みゆきが出てきてビックリした。
あの人は視線をかっさらうね。
目が離せない。

間宮兄弟はずっと「子供」なんだろうなぁ。
子供っていうか、純粋。
それは2人が一緒にいる限り変わらないと思う。

「1日の終わりにこうやって電話が出来るやつがいるって言うのはいいな。落ち着く。」
これはいいね。
しかもものすごく嬉しそうに、充実した顔で言うんだもん。
なんかこのシーン気に入った。

弟が人妻に迫るのはかなり引いた。
あれは気持ち悪いだけだし、どう考えても迷惑にしかならない。
兄も止めろよなぁ。連絡先教えるなよ。
これがなきゃすんなりと終われたのに。。。
ゆみちゃんに「気があるんじゃない?」って言われて
先生が気になるようになって最後に振られる
って言う方がよかったな。
それまでのほんわかした感じがあの「音楽に罪はない」で
生々しくなっちゃって、すごくいやだった。

ラストの2人のクイズ。東京タワーがどうのこうのとか。
あれをエンディングロールにすればよかったのに。
で、最後に金だらいじゃなくて、電話の着信で終わればいいのに。

結局、あの着信は誰からだったんだろうね。
兄は喜び、弟が驚く相手。
まさかさゆりさん。。。???



☆公式サイト



こちらは原作
間宮兄弟 間宮兄弟
江國 香織 (2004/09/29)
小学館

この商品の詳細を見る



   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/526-45fa1016
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。