個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
シルク SILK
シルク スペシャル・エディション [DVD]シルク スペシャル・エディション [DVD]
マイケル・ピット, キーラ・ナイトレイ, アルフレッド・モリーナ, 役所広司, フランソワ・ジラール

角川エンタテインメント 2008-05-23
売り上げランキング : 2376
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結局何が言いたいのか分からないまま
終わってしまったような気がする。

日本に蚕の卵を買いに行き、
神秘的な女性に心を惹かれながらも、
愛する妻の元に帰る。
愛する人と忘れられない人。

彼が急速に日本人女性に心惹かれるのは
よくわかったんだけど、自国に帰ってからの
感情がよく分からなくて、もどかしい。
もともと淡々とした人で感情を
あまり出さないキャラなのかもしれないけど。

主人公たちがあまり老けない。
わざとらしい老けメイクは引くけど、
老けないのもなぁ。
どれだけの年月がたったのか分からないわ。

音楽は坂本教授だったのね。
綺麗な音楽だったし、邪魔にならなかった。

國村さんが出ているとは知らなかった。
この人はいい。引き締まる。

全体的に日本をきちんと描いていると思うけど、
やっぱりびっくり日本が出てきちゃうのね。
仕方ないか。



日本人娼婦ってどんなババァが出てくるかと思ったら
中谷美紀さんだった。
英語、うまいね。

手紙、結局はエレーヌが原文をかき、
マダムが日本語で書いたものだった。
「彼女になりたかった」と言う。
エレーヌはエルヴェに日本人女性への思いを
断ち切ってほしかったのと同時に
自分の気持ちを書いたんだと思う。
あなたの人生のためなら私を忘れてくださいと。
つらかったんじゃないかな。
一緒にいるのに心は他の人に向かってる。
それならば…という思いもあったと思う。

「彼女はあの女性だった」とエルヴェは
最後に言うけど、気づいてたのかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/636-ec11113b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。