個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
明日への遺言
明日への遺言 特別版 [DVD]明日への遺言 特別版 [DVD]
藤田まこと, 富司純子, ロバート・レッサー, フレッド・マックィーン, 小泉堯史

角川エンタテインメント 2008-08-08
売り上げランキング : 4397
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


歴史は大の苦手なので、映画がはじまって
すぐに分からなくなった(^_^;)
最初からメモを取りながら見直したよ。

舞台はほとんど法廷と留置所。
戦時中の映像はない。
それが逆に岡田中将の潔さを表していて
すごく良かった。
静かだからこそ、岡田中将だけでなく、
検察や弁護人たちの心情まで伝わってきた。

こんな風に責任を取ろうとする人が
今の時代、いるのだろうか?

岡田中将の言葉の一つ一つが
あまりにも誠実すぎて、ものすごく胸に響く。

誰かが亡くなると、その思い出は美化されるものだし、
こっちは映画だからなおさらだろうけど。
それでもこの岡田中将の姿勢は本当にすごい。

そして検察や弁護人など裁判に関わった人たちが
みんな誠実に対応していたことが、なんだか嬉しかった。

絶対に泣くと分かっていたけど、
どうしても見たかったので見た。
見てよかった。


これが原作だそうです。
ながい旅 (角川文庫)ながい旅 (角川文庫)
大岡 昇平

角川書店 2007-12
売り上げランキング : 32370
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読むのはちょっと重いな。


☆公式サイト


   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/638-0427c4ae
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。