個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]
クリント・イーストウッド

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-04-20
売り上げランキング : 7354
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アメリカ人が撮った映画とは思えない映画でした。
日本人だから、アメリカ人だからという
先入観を持って撮っていないと思う。

ありがちな無理に泣かせるような演出も泣く、
ただ淡々と空気を切り取っているような。

いい映画だと思います。

しかし、不満が残る。

歴史は全く分からないのでちょっと調べてみたら
硫黄島での戦いは日本軍よりアメリカの方が損害の多い
珍しい戦いだったそうで。
それが分からん。
映画ではポイントだけ見せるので
ものすごい戦いだったと言うことが全く分からない。
映画だけの印象だと日本軍ボロ負けに思える。
実際は1ヶ月以上粘ったのに。
洞窟での息苦しさ、暑さも伝わってこない。もったいない。

それと俳優さんたちの喋り方。聞き取れない。
一番最初の「良く掘ったな」っていうのすら分からなかった。
さらに戦争当時の喋り方されたら、尚更分からない。
DVDだったので何度も戻して聞きなおしたりしました。

そしてファンの方には申し訳ないが二宮くん。
彼が話すと一気に現代に戻る。
何がいけないのか分からないが、
現代人がタイムスリップしたように感じる。
回想シーンも無理がある。かなり。
年齢的にはその背景に無理はないんだけど、
彼には無理がある。

海外では彼の演技は絶賛されていたらしい。
それはたぶん彼が「現代っ子」だからじゃないかな。
当時の日本は天皇陛下の為、国の為に死ぬことが
当たり前の時代。
それは今の日本人でも違和感を感じるくらいだから
海外の人だったらなおさらだろう。
だから現代っ子・西郷の姿に共感したんじゃないかな。

これ、「父親たちの星条旗」の方が先なのね。
失敗した。こっちを先に見ちゃったよ。


   ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/695-e120c587
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。