個人的意見:映画感想
※『』内はネタバレとなっています。ドラッグで反転させてご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) edit |
サブウェイ123激突
サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-02-24
売り上げランキング : 1666
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


緊迫感のある映画でした。
しかし物足りない。
ラストがいきなり来て、終わっちゃった。
このドキドキをどこにぶつけたらいいのやら。

デンゼル演じるガーバーは指令係。
偶然ジャックされた電車に無線を入れたことから
交渉役をすることになってしまう。
こうゆう映画の場合、ヒーローになってしまうことが
多いけど、このガーバーは違った。
ヒーローじゃない。
それがポイントかも。

ライダーを演じたトラボルタさんは
上手いけど、悪役はもう見飽きた。


   ブログランキング




ライダーはその時その時の感情だけで生きてる。
お金が儲かれば喜ぶし、ガーバーに銃を突きつけられれば
殺してくれという。
周りのことなど気にしてない。
その時の自分の欲求が満たされればそれでいい。
あの最期は彼にとって大満足の結果だろうな。

ガーバーの「殺してしまった」という表情から
帰りの笑顔がなんとも納得できない。
もちろん助かったし、収賄容疑もきれいになると
ガーバーにとってはいいことばかりだけどね。

人間、やっぱり欲深いってことか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
鍵かける?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cyodebusu.blog7.fc2.com/tb.php/721-b3fad0cb
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。